七尾与史の作品一覧

作品数 33 件
超やる気が出るドSな言葉(仮)

超やる気が出るドSな言葉(仮)

すばる舎(2018年11月23日)きついことを言われているはずなのにやる気が出る!? シリーズ累計50万部『ドS刑事』の主人公・黒井マヤが「睡眠時間が3時間? お得意の寝てない自慢ですか〜。今日は昨日の半分しか仕事できてないわね」「うっわ、意気地なし! また自分を隠してる。人間皆違うんだから、守りに入ってないで弾けなさいよ。あなた本来の変態ぶり、好きよ」のような厳し...
偶然屋 (小学館文庫)

偶然屋 (小学館文庫)試し読み

小学館(2018年10月05日)その「偶然」は仕組まれたものかもしれない 出会いと別れ、栄光と挫折、幸福と不幸、そして生と死・・・・・・。 あなたの人生を左右した「偶然」や「運命」は、実はすべて仕組まれていたのかもしれない。奴らによって――。 弁護士試験に挫折して就職活動中の水氷里美は、ある日、電信柱に貼られた「オフィス油炭」という会社の求人広告を見つける...
死なせない屋 (朝日文庫)

死なせない屋 (朝日文庫)

朝日新聞出版(2018年03月07日)
歯科女探偵 (実業之日本社文庫)

歯科女探偵 (実業之日本社文庫)

実業之日本社(2017年08月05日)
ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件

ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件

幻冬舎(2017年03月16日)雑居ビルで男性の絞殺死体が発見。関係者の証言によると、被害者は"怨霊"に怯えていたという。黒井マヤは、従順な代官山とドMな浜田を引き連れて捜査に乗り出すが、黒百合学園の先輩でもある管理官の白金不二子と、捜査方法を巡って対立。実は不二子は「冤罪」というトラウマを抱えていた。そして、黒井家から恐怖のプロポーズを迫られた代官山の運命は-。...
僕はもう憑かれたよ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

僕はもう憑かれたよ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

宝島社(2017年03月04日)ある夜、八木沼真知の部屋を見知らぬ男が訪ねてきた。初対面にもかかわらず、彼はなぜか真知の昔からのあだ名や好物を知っていた。一方、周囲で不可解なことが起きているのに気付く美門玲二。どうやら眠っている間に、別人格が勝手に行動しているようなのだ。本来交わるはずのない二人の運命を結び付けるのは、半年前のとある転落事故-。真知は恋人を失ったそ...
妄想刑事エニグマの執着 (徳間文庫)

妄想刑事エニグマの執着 (徳間文庫)

徳間書店(2017年02月03日)警視庁捜査一課の美女刑事、江仁熊氷見子30歳。女の勘……を通り越してもはやオカルトともいうべき常人には理解しがたい直感力で事件を解決に導く彼女だが、頭の硬いベテラン刑事たちからはやっかみ半分の嘲笑を受ける日々。相棒で後輩の真山恵介28歳は、戸惑いながらもエニグマに従ううちに、刑事としての尊敬心、そしてさらには微妙な感情が芽生え……。...
トイプー警察犬 メグレ (講談社タイガ)

トイプー警察犬 メグレ (講談社タイガ)

講談社(2016年02月18日)老舗ホテル内の厨房で、カリスマシェフの変死体が発見された。警視庁の刑事・佐倉綾香は事件の真相を追いかけるが、捜査は暗礁に乗り上げてしまう。 迷宮入りかと思われた難事件を解決に導いたのは――現場に残された“殺意の匂い”を嗅ぎ分ける、トイプードルの警察犬・メグレだった! メグレと行動を共にする警察犬訓練士・早乙女俊介は、連続する不審死事...
ヴィヴィアンの読書会 (PHP文芸文庫)

ヴィヴィアンの読書会 (PHP文芸文庫)

PHP研究所(2015年11月09日)ベストセラー『ドS刑事』『死亡フラグが立ちました!』の著者が放つ、読書会を舞台にしたノンストップ・ミステリー。書き下ろし長編。
バリ3探偵 圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件 (新潮文庫nex)

バリ3探偵 圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件 (新潮文庫nex)

新潮社(2015年08月28日)電波さえあれば真相はつきとめられる! “妻が自分の夢を応援してくれません。”小説家志望男による身勝手な投稿が悩める忌女(=既婚女性)たちの掲示板「忌女板小町」で大炎上。さらに、ある殺人事件との関連が疑われる。引きこもりの緑子、HN圏内ちゃんが挑んだネットとリアルが交錯する連続殺人――その謎は、超肉食女子刑事・小鞠&ドS刑事・黒井マヤ...
表参道・リドルデンタルクリニック

表参道・リドルデンタルクリニック

実業之日本社(2015年07月09日)本邦初、現役歯科医・七尾与史が放つ歯科ミステリー!知的美人の歯科医探偵・月城この葉が手がける事件とは-全編に張り巡らされた伏線。難事件は"治療"できるか?
ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件

ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件

幻冬舎(2015年04月08日)双子ばかりを狙った連続猟奇殺人事件が発生。手がかりもなく、難航するかと思われたその事件を、"いつになく"スムーズに解決に導いた黒井マヤは、所属する三係の慰安旅行先に、なんの変哲もない田舎町を提案する。その「城華町」は、マヤの父である警察庁次長・黒井篤郎が、かつて難事件に遭遇した町だった。そしてマヤたちが訪れるや、若い女性の撲殺死体が...
バリ3探偵 圏内ちゃん (新潮文庫nex)

バリ3探偵 圏内ちゃん (新潮文庫nex)

新潮社(2014年09月27日)ひきこもり探偵、圏内ちゃん、降臨! 生身の人間と会話するのが苦手。でもネットがなくて誰とも繋がれなくなる孤独はもっと苦しい。電波がバリ3表示の場所でだけ生きてゆける、ひきこもりの緑子。しかしひとたびオンライン掲示板を開けば、ハンドルネーム「圏内ちゃん」はカリスマ的存在だ。驚くべき情報収集力と推理力で、”炎上”した匿名アカウントの本人...
ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 (幻冬舎文庫)

ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 (幻冬舎文庫)

幻冬舎(2014年08月05日)東京・立川で「スイーツ食べ過ぎ殺人事件」が発生。死体は無数のケーキに囲まれていた。捜査一課第三係の"姫様"こと黒井マヤはこの事件と同じくらい「殺人現場がエレガント」という理由で、浜松のある事件を洗い直す。すると徐々にマヤの心の奥底に眠っていた少女時代の記憶が甦り-。「ドS」の意外なルーツが明かされる、大人気シリーズ最新作!
山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)

ポプラ社(2014年06月05日)『謎の名探偵×ランドセル助手×自称ミステリ作家』の3人が、 華麗に事件を解決します! 累計10万部突破の大人気シリーズ、ついに感動のクライマックス!! 怒涛の展開に笑って泣ける傑作ユーモアミステリ! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 山手線にだけ神出鬼没に現れる、謎の名探偵――霧村雨のもとに、少女誘拐事件が舞...
死亡フラグが立つ前に (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

死亡フラグが立つ前に (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

宝島社(2013年12月05日)「死亡フラグ」シリーズでおなじみ、人気コンビの誕生秘話!人類滅亡の陰謀に巻き込まれてしまう陣内&本宮を描いた「死亡フラグが立ちましたのずっと前」、ターゲットを殺すまでどこまでも追いかける"狩猟者"との死闘を描く「死亡フラグが立つ前に」、殺し屋の派遣会社の物語「キルキルカンパニー」、オカルト雑誌の女性編集長が巻き込まれる騒動「ドS編集...