乾ルカの作品一覧

作品数 32 件
カレーなる逆襲! ポンコツ部員のスパイス戦記 (文春文庫)

カレーなる逆襲! ポンコツ部員のスパイス戦記 (文春文庫)

文藝春秋(2018年07月10日)廃部寸前の樽大野球部に持ち込まれたのはエリート大学とのカレー作り対決?! ヤル気も希望も0のダメダメ部員たちの行く末は……。
森に願いを (実業之日本社文庫)

森に願いを (実業之日本社文庫)

実業之日本社(2018年04月04日)
わたしの忘れ物

わたしの忘れ物

東京創元社(2018年03月12日)H大学生部のユウキさんに無理矢理にすすめられた、商業施設の忘れ物センターでのアルバイト。引っ込み思案で目立たない私にこの仕事を紹介したのはなぜだろう? 「他人には他愛のないモノでも、持ち主には大切な思いがある」短期間のアルバイトの中で、少しずつ理解を深めていく中辻恵麻。『メグル』『ミツハの一族』と連なる、心優しい連作集。
奇縁七景 (光文社文庫)

奇縁七景 (光文社文庫)

光文社(2018年03月09日)
青い花は未来で眠る (角川文庫)

青い花は未来で眠る (角川文庫)

KADOKAWA(2017年08月25日)私が生きていることに、意味はあるのかな。かつて自分をかばって姉を失った高校2年生の優香は、乗り込んだ修学旅行の飛行機でハイジャック事件に遭遇する。飛行機は不時着するが、生き残った乗客はわずかに5人。テロ事件の犯人は、見慣れない青い花を身につけた4人の美青年だった。謎を秘めたまま迫りくる彼らと対峙して、生きることに無気力だった優香は変...
ミツハの一族 (創元推理文庫)

ミツハの一族 (創元推理文庫)

東京創元社(2017年06月21日)未練を残して死んだ者は鬼となり、村の井戸の水を赤く濁す、そう言い伝えられている北海道・白石村小安辺。このままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。未練の原因を解消し、鬼を常世に送れるのは、“ミツハ”と呼ばれる八尾一族の「烏目役」と「水守」の二人のみ――。大正12年、烏のように黒々とした瞳を持つ、H帝国大学医学部に通う八尾清次郎に報せが届...
願いながら、祈りながら (徳間文庫)

願いながら、祈りながら (徳間文庫)

徳間書店(2016年12月02日)北の大地の片隅に、奇跡のようにぽつんと中学校の分校が残っていた。1年生4人と3年生1人。それほどの少人数でも、自称霊感少女もいれば、嘘つきといわれる少年もいる。そこに赴任してきたのは、やる気ゼロの新米教師。やがて彼が知ることになる少年の嘘の哀しく切ない理由とは? 迷い、うつむき、つまずきながら、進みつづける感動の青春物語。
向かい風で飛べ! (中公文庫)

向かい風で飛べ! (中公文庫)

中央公論新社(2016年10月21日)巨大なジャンプ台を軽々と踏み切り、飛んでいく一人の少女。沢北小学校の転校生として寂しい日々を送っていたさつきは、同じクラスの天才スキージャンパー・理子の姿に目を奪われる。「一緒にジャンプやらない?」その笑顔に導かれ、さつきの青空への挑戦が始まった!向かい風は大きく飛ぶためのチャンス。この言葉を支えに奮闘する少女達の、笑顔と友情と涙が...
奇縁七景

奇縁七景

光文社(2015年07月17日)
森に願いを

森に願いを

実業之日本社(2015年02月05日)いじめ、就職、恋愛、不治の病…さまざまな思いを抱えた人々の運命を変える言葉とは?静かな感動を呼ぶ「森」のミステリー。
11月のジュリエット

11月のジュリエット

KADOKAWA/角川書店(2014年10月01日)
君の波が聞こえる (新潮文庫)

君の波が聞こえる (新潮文庫)

新潮社(2014年04月28日)一学期の終わりの日、ひとりぼっちで海を見ていた健太郎は、沖に浮かぶ謎の城に迷い込む。そこには同じように囚われた人々がいた。元の世界に戻るには「出城料」が必要だという。それはお金ではない何からしい。健太郎はもう一人の少年と次第に心を通わせ、誓いを立てる。二人でここを出るんだ、初めて見つけた友達だから――。思春期の友情が胸に響く幻想小説...
願いながら、祈りながら (文芸書)

願いながら、祈りながら (文芸書)

徳間書店(2014年03月12日)北の大地の片隅に、奇跡のようにぽつんと中学校の分校が残っていた。1年生4人と3年生1人。それほどの少人数でも、自称霊感少女もいれば、嘘つきといわれる少年もいる。そこに赴任してきたのは、やる気ゼロの新米教師。やがて彼が知ることになる少年の嘘の哀しく切ない理由とは? 迷い、うつむき、つまずきながら、進みつづける感動の青春前期物語。
六月の輝き (集英社文庫)

六月の輝き (集英社文庫)

集英社(2014年02月20日)もどりたい──いちばん美しい季節の光の中へ。幼なじみの美奈子と美耶。11歳の夏、美耶の「ある能力」がふたりの関係に深い影を落とす……純粋な想いが奇跡をよぶ、「絆」の物語。(解説/瀧井朝世)
向かい風で飛べ!

向かい風で飛べ!

中央公論新社(2013年12月09日)完全アウェーの転校生、さつき。スキージャンプの天才美少女、理子との出会いが、孤独で憂鬱な日々を塗り変えていく-わくわく、ハラハラ、うるうる。全部が詰まった青春小説。
メグル (創元推理文庫)

メグル (創元推理文庫)

東京創元社(2013年08月30日)なぜ、あの無表情な女性大学職員は強制的にアルバイトを紹介してくるのだろう? 不思議なアルバイトがもたらす五つの奇蹟。いま注目の著者が端整に描く、連作短編集。
あの日にかえりたい (実業之日本社文庫)

あの日にかえりたい (実業之日本社文庫)

実業之日本社(2013年06月05日)地震に遭った翌日、少年は、海の匂いのする、見たこともない町に立っていた。通りかかったオバサンの家で親の迎えを待つ間に体験したのは、少年がこれまでしてみたかったことばかりで…(「翔る少年」)。介護施設で出会った、嘘のような人生を語る車いすの老人との交流と意外な結末を描く表題作ほか、時空を超えた小さな奇跡と希望を描く六篇。第143回直木...
蜜姫村 (ハルキ文庫 い 16-1)

蜜姫村 (ハルキ文庫 い 16-1)

角川春樹事務所(2013年03月15日)珍種のアリを求めて瀧埜上村仮巣地区を訪れた昆虫学者の山上一郎と妻・和子。医師免許を持つ和子は、医者のいない仮巣地区の人々を健康診断したいと申し出るのだが、必要ないと冷たくあしらわれてしまい、その異様な雰囲気に戸惑っていた。そんなある晩、一郎は住民から絶対に踏み入れてはいけないと言われていた社に向かった。そして、そのまま行方不明に。村...
たったひとり

たったひとり

文藝春秋(2013年01月01日)なぜ俺たちは戻ってきてしまうんだ!?半壊したラブホテル。廃墟探索サークルの男女5人を襲うタイムループ。極限状況で剥きだしになるエゴ、渦巻く愛憎。悪夢を脱するため、たったひとりの犠牲の山羊となるのは誰か?驚愕の新感覚ホラー。