あなたは、誰かの大切な人

あなたは、誰かの大切な人

(みんなの評価)

内容

メキシコを代表する建築家の邸まできたのは、かつてのビジネスパートナーの「目」になるためだった──小さな幸福を描いた小説集

詳細

咲子が訪れたのは、メキシコを代表する建築家、ルイス・バラガンの邸。かつてのビジネスパートナー、青柳君が見たがっていた建物。いっしょにいるつもりになって、一人でやって来たのだ。咲子が大手都市開発企業に勤めていたころ、とあるプロジェクトで、設計士の彼と出会った。その後二人とも独立して、都市開発建築事務所を共同で立ち上げたが、5年前に彼は鹿児島へ引っ越していった。彼はそのちょっと前に目を患っていた。久しぶりに会った彼の視力は失われようとしていた。青柳君の視力があるうちに、けど彼の代わりに、咲子はバラガン邸の中に足を踏み入れた。──『皿の上の孤独』を含む、六つの小さな幸福を描いた短編集。

目次

最後の伝言 Save the Last Dance for Me
月夜のアボカド A Gift from Ester's Kitchen
無用の人
緑陰のマナ Manna in the Green Shadow
波打ち際のふたり A Day on the Spring Beach
皿の上の孤独 Barragan's Solitude

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数194
  • 発売日2014年12月18日
  • ISBN-104062192950
  • ISBN-139784062192958
  • 価格1,404円(税込)
  • 文庫版626円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

原田マハの関連書籍(82)