検事の死命 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

検事の死命 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

(みんなの評価)

内容

郵便物紛失事件の謎に迫る佐方が、手紙に託された老夫婦の心を救う「心を掬う」。獄死した佐方父の謎の核心が明かされる、感涙必至の帰郷小説「業をおろす」。大物国会議員、地検トップまで敵に回して検事の矜持を貫く「死命を賭ける」。検察側と弁護側双方の、絶対に負けられない裁判の火蓋が切られる「死命を決する」。全4話を収録した、佐方貞人シリーズ最新刊。圧巻の人間ドラマが、胸を打つ!

詳細情報

  • 出版社宝島社
  • ページ数398
  • 発売日2014年10月04日
  • ISBN-104800232066
  • ISBN-139784800232069
  • 価格13,054円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?