雪の香り

雪の香り

(みんなの評価)

内容

新聞記者・恭平は捜査情報の中に失踪した恋人・雪乃の名前を見つけ驚愕する──京都の風景と共に綴られる、感動の純愛ミステリー。

詳細

2012年京都、新聞記者の風間恭平は、馴染みの刑事からある横領事件のメモ書きを見せられ、驚愕する。北瀬雪乃──十二年前、大学生だった風間のもとに転がり込み、ある日ふと姿を消した最愛の人の名が、そこに記されていたのだ。そしてその雪乃はその数カ月前、再び恭平のもとに戻っていた……。2000年、二人の愛と笑いに満ちた日々と、2012年、事件の真相を追う恭平の視点が絡み合うように進む中、警察や事件関係者との虚々実々の駆け引きの中で明らかになる、哀しき真相とは?? 『盤上のアルファ』で鮮烈なデビューを飾ってから3年、著者が書き終えたくないほどの情熱を注いだ、感動必至の純愛ミステリーの誕生です。

詳細情報

  • 出版社文藝春秋
  • ページ数348
  • 発売日2014年06月09日
  • ISBN-104163900772
  • ISBN-139784163900773
  • 価格9,282円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの新刊書籍