ゴーストマン 時限紙幣 (文春文庫)

ゴーストマン 時限紙幣 (文春文庫)

(みんなの評価)

内容

クアラルンプールの摩天楼内の銀行襲撃計画。爆薬の仕掛けられた金の奪還。裏社会のディテール満載で描く21世紀最高の犯罪小説。

詳細

このミステリーがすごい!第3位。 イギリス推理作家協会スティール・ダガー賞受賞。 マルタの鷹協会ファルコン賞受賞。〈21世紀に書かれた犯罪小説の十指に入る傑作。〉――杉江松恋 文庫版のみ本邦初訳の短編「ジャック ゴーストマンの自叙伝」を収録! ――48時間後、120万ドルの紙幣は爆発する。盗んだやつらはそれを知らない。 爆発する前に奪回するのが私の仕事だ。 カジノの街で現金輸送車が襲われた。強盗のうち一人は現場で死亡。残る一人がカネとともに姿を消した。犯罪の始末屋である私は、カネの奪回と事態の収拾を命じられた。紙幣に仕込まれた爆薬が炸裂するまで48時間。 面倒な仕事だが私には断れない。依頼主に借りを返さねばならないのだ。5年前、クアラルンプールで企てられた高層ビル内の銀行襲撃計画。それを無残な失敗に導いたのが私だったからだ…… 5年前、マレーシアでの大強盗作戦。現在、カジノの街での時限紙幣追跡。2つの物語をスピーディー&スタイリッシュに描いて日英米のミステリー賞を総なめ! ジェイムズ・エルロイを見出したエージェントが発掘し、コーマック・マッカーシーやレイモンド・カーヴァーを担当したカリスマ編集者ゲイリー・フィスケットジョンを酔わせ、NYタイムズの辛口批評家ミチコ・カクタニをも唸らせた傑作ノワールの登場。

詳細情報

  • 出版社文藝春秋
  • ページ数445
  • 発売日2017年03月10日
  • ISBN-104167908220
  • ISBN-139784167908225
  • 価格1,058円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

英米文学の新刊書籍