逆臣の刃―若殿見聞録2 (ハルキ文庫 ち 1-16 時代小説文庫 若殿見聞録 2)

逆臣の刃―若殿見聞録2 (ハルキ文庫 ち 1-16 時代小説文庫 若殿見聞録 2)

(みんなの評価)

内容

将軍家継嗣の徳川家慶は、相変わらず西の丸での窮屈な暮らしに鬱々とした日々を過ごしていた。見聞を広め、将来の政に活かしたいとの思いから、城を抜け出し江戸の町へ物見に出かけたい家慶。そんな中、但馬豊岡藩の嫡男、京極高行が家慶へ挨拶にやってきた。家慶は、妾腹の次男同士と境遇が似ている高行の事を弟の様に思い、幼い頃から気にかけていた。しかし、久しぶりに会った高行に何か不穏なものを感じて-。お家騒動の裏に隠された、男と女の恋慕の情。次期将軍・徳川家慶はこの問題にどう立ち向かうのか!?シリーズ第二弾。

詳細情報

  • 出版社角川春樹事務所
  • ページ数283
  • 発売日2013年07月13日
  • ISBN-104758437572
  • ISBN-139784758437578
  • 価格700円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

千野隆司の関連書籍(127)