さいはての彼女 (角川文庫)

さいはての彼女 (角川文庫)

(みんなの評価)

内容

25歳で起業した敏腕若手女性社長の鈴木涼香。猛烈に頑張ったおかげで会社は順調に成長したものの結婚とは縁遠く、絶大な信頼を寄せていた秘書の高見沢さえも会社を去るという。失意のまま出かけた一人旅のチケットは行き先違いで、沖縄で優雅なヴァカンスと決め込んだつもりが、なぜか女満別!?だが、予想外の出逢いが、こわばった涼香の心をほぐしていく。人は何度でも立ち上がれる。再生をテーマにした、珠玉の短篇集。

詳細情報

  • 出版社角川書店(角川グループパブリッシング)
  • ページ数236
  • 発売日2013年01月25日
  • ISBN-104041006422
  • ISBN-139784041006429
  • 価格562円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

原田マハの関連書籍(82)

日本文学の新刊書籍