暴力の教義 (新潮文庫)

暴力の教義 (新潮文庫)

(みんなの評価)

内容

1910年、メキシコ革命前夜。犯罪常習者のローボーンは武器を満載したトラックを強奪してひと儲けを企むが、あえなく捕縛されてしまう。弁護士の仲介で合衆国捜査局との取引が成立し、ローボーンは若き捜査官ルルドによるメキシコ情勢の内偵に同行することとなる。だが、実は二人には共有する過去があった-。血煙渦巻く国境の荒野を舞台に、鬼才による"悪の叙事詩"が炸裂する。

詳細情報

  • 出版社新潮社
  • ページ数374
  • 発売日2012年08月27日
  • ISBN-104102182314
  • ISBN-139784102182314
  • 価格11,800円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

英米文学の新刊書籍