女神のタクト

女神のタクト

(みんなの評価)

内容

どう見てもたよりない指揮者と、あまりに濃いメンバー。偶然、オルケストラ神戸に足を踏み入れた明菜だが、そこで封印していた「音楽」への思いを呼びさまされ-。笑いがいつしか感動になる、猪突猛進・情熱物語。

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数290
  • 発売日2011年10月27日
  • ISBN-104062173220
  • ISBN-139784062173223
  • 価格1,620円(税込)
  • 文庫版713円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

日本文学の新刊書籍