宮辻薬東宮

宮辻薬東宮

(みんなの評価)

内容

ちょっぴり怖い、だからおもしろい。宮部みゆきさんから始まった、超人気作家による前代未聞の「ミステリー短編バトンつなぎ」。

詳細

ちょっぴり怖い、だからおもしろい。

これぞエンタメ!!
前代未聞の「ミステリー短編バトンつなぎ」

「宮辻薬東宮」(みやつじやくとうぐう)

宮部みゆきさんお書き下ろし短編を辻村深月さんが読み、短編を書き下ろす。その辻村さんの短編を薬丸岳さんが読み、書き下ろし……今をときめく超人気作家たちが2年の歳月をかけて“つないだ”ミステリーアンソロジー。

目次

「人・で・なし」(宮部みゆき)
「ママ・はは」(辻村深月)
「わたし・わたし」(薬丸岳)
「スマホが・ほ・し・い」(東山彰良)
「夢・を・殺す」(宮内悠介)

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数242
  • 発売日2017年06月21日
  • ISBN-104062206102
  • ISBN-139784062206105
  • 価格1,620円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?