AX アックス

AX アックス

(みんなの評価)

内容

最強の殺し屋は――恐妻家。 殺し屋シリーズ最新作!

詳細

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】

最強の殺し屋は――恐妻家。

物騒な奴がまた現れた!
新たなエンタメの可能性を切り開く、娯楽小説の最高峰!

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
一人息子の克巳もあきれるほどだ。
兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

書き下ろし2篇を加えた計5篇。シリーズ初の連作集!

目次

AX
BEE
Crayon
EXIT (書き下ろし)
FINE (書き下ろし)

受賞

第15回本屋大賞(2018年)の本屋大賞(5位)

詳細情報

  • 出版社KADOKAWA
  • ページ数312
  • 発売日2017年07月28日
  • ISBN-104041059461
  • ISBN-139784041059463
  • 価格1,620円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

伊坂幸太郎の関連書籍(93)

ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの新刊書籍