銀行の墓碑銘

銀行の墓碑銘

(みんなの評価)

内容

あの銀行はなぜ消えていったのか!?100年に一度の金融危機を前にして、悪夢の歴史を徹底検証。新聞・TVでは報道されなかった破綻の舞台裏を一刀両断-経営悪化に始まり、闇社会と関係を持つようになるまでを赤裸々に暴く。

目次

第1章 見せしめ(UFJ銀行(旧・三和銀行)
足利銀行 ほか)
第2章 実験(北海道拓殖銀行
日本長期信用銀行 ほか)
第3章 言いなり(大和銀行(現・りそな銀行)
兵庫銀行 ほか)
第4章 同族(阪和銀行
幸福銀行 ほか)
第5章 衰弱(国民銀行
太平洋銀行(旧・第一相互銀行) ほか)
最終章 放縦(平和相互銀行)

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数530
  • 発売日2009年02月27日
  • ISBN-104062152703
  • ISBN-139784062152709
  • 価格13,594円(税込)
  • 文庫版34,492円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

有森隆の関連書籍(33)