螺旋の手術室 (新潮文庫)

螺旋の手術室 (新潮文庫)

(みんなの評価)

内容

読書メーター読みたい本ランキング第1位。驚愕のどんでん返し手術室での不可解な死。次々と殺される教授選の候補者たち。事件に秘められたある想いとは……。慟哭の医療ミステリー。純正会医科大学附属病院の教授選の候補だった冴木真也准教授が、手術中に不可解な死を遂げた。彼と教授の座を争っていた医師もまた、暴漢に襲われ殺害される。二つの死の がりとは。大学を探っていた探偵が遺した謎の言葉の意味は。父・真也の死に疑問を感じた裕也は、同じ医師として調査を始めるが……。「完全犯罪」に潜む医師の苦悩を描く、慟哭の医療ミステリー。『ブラッドライン』改題。

詳細情報

  • 出版社新潮社
  • ページ数461
  • 発売日2017年09月28日
  • ISBN-104101210713
  • ISBN-139784101210711
  • 価格767円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの新刊書籍