子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)

子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)

(みんなの評価)

内容

大人にはなりきれない子どもたちは、互いのすれ違いに気がつけない。一方通行の片思いは、悲しい殺人鬼を目覚めさせる。

詳細

始まりは、海外留学をかけた論文コンクール。幻の学生、『i』の登場だった。大学受験間近の高校3年生が行方不明になった。家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱だけはその真相を知っていた。「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番――」。姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。(講談社文庫)

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数500
  • 発売日2008年05月15日
  • ISBN-104062760495
  • ISBN-139784062760492
  • 価格810円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

辻村深月の関連書籍(101)

ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの新刊書籍