たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

(みんなの評価)

内容

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四人の魂が共鳴したとき、あの傑作が生まれ落ちた-。原田マハが、ゴッホとともに闘い抜いた新境地、アート小説の最高峰。ここに誕生!

受賞

第15回本屋大賞(2018年)の本屋大賞(4位)

詳細情報

  • 出版社幻冬舎
  • ページ数408
  • 発売日2017年10月25日
  • ISBN-104344031946
  • ISBN-139784344031944
  • 価格1,728円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

原田マハの関連書籍(81)

日本文学の新刊書籍