日本の童話名作選 現代篇 (講談社文芸文庫)

日本の童話名作選 現代篇 (講談社文芸文庫)

(みんなの評価)

内容

七〇年代からの日本社会の激動は童話の世界を大きく変えた。大人が子どもに与える教訓的な物語は影をひそめ、子どもの空想を刺激し日常とは別の次元に誘う幼年童話、ファンタジーの名作が生まれる一方、いじめや受験戦争に蝕まれる十代の心を繊細に描くヤングアダルト文学も登場。若い才能ある書き手達が大人と子どもの文学の境界を双方から軽やかに突破していった。山下明生、灰谷健次郎、江國香織、村上春樹等の名品二六篇。

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数368
  • 発売日2007年12月10日
  • ISBN-104061984985
  • ISBN-139784061984981

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

講談社文芸文庫の関連書籍(25)