冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

(みんなの評価)

内容

第31回メフィスト賞受賞作!
いとおしくなるほどの懐かしい記憶
「こんなことはいつか終わりになればいい」
――大丈夫、いつか、絶対に大人になれるから――

学園祭のあの日、死んでしまった同級生の名前を教えてください――。「俺たちはそんなに薄情だっただろうか?」なぜ「ホスト」は私たちを閉じ込めたのか。担任教師・榊はどこへ行ったのか。白い雪が降り積もる校舎にチャイムが鳴ったその時、止まったはずの時計が動き出した。薄れていった記憶、その理由は。

目次

第十章  「不幸自慢」
第十一章 「CRAZY FOR YOU」
第十二章 「スカーレット」
第十三章 「あたしはここよ」
第十四章 「HERO」
第十五章 「カウントダウン」
第十六章 「解決編」
第十七章 「冷たい校舎の時は止まる」
第十八章 「雪の終わり」
第十九章 「ひとつだけ」
エピローグ

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数584
  • 発売日2007年08月11日
  • ISBN-104062758237
  • ISBN-139784062758239
  • 価格885円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

辻村深月の関連書籍(101)