凍りのくじら (講談社ノベルス)

凍りのくじら (講談社ノベルス)

(みんなの評価)

内容

藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く"少し不思議"な物語。

詳細情報

  • 出版社講談社
  • ページ数376
  • 発売日2005年11月08日
  • ISBN-104061824589
  • ISBN-139784061824584
  • 文庫版864円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

辻村深月の関連書籍(101)