首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

(みんなの評価)

内容

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。彼を巡り、合コン、いじめ、濡れ衣……様々な物語が絡み合う!

詳細

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で、泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る!伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。

詳細情報

  • 出版社新潮社
  • ページ数437
  • 発売日2016年11月28日
  • ISBN-104101250316
  • ISBN-139784101250311
  • 価格444円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

伊坂幸太郎の関連書籍(95)