あしたの君へ

あしたの君へ

(みんなの評価)

内容

家裁調査官補・通称「カンポちゃん」の望月大地。家裁で働く大地は様々な事件に葛藤しながら、一人前の調査官を目指し成長してゆく。

詳細

裁判所職員採用試験に合格し、家裁調査官に採用された望月大地。だが、採用されてから任官するまでの二年間――養成課程研修のあいだ、修習生は家庭調査官補・通称“カンポちゃん”と呼ばれる。 試験に合格した二人の同期とともに、九州の県庁所在地にある福森家裁に配属された大地は、当初は関係書類の記載や整理を主に行っていたが、今回、はじめて実際の少年事件を扱うことになっていた。窃盗を犯した少女。ストーカー事案で逮捕された高校生。一見幸せそうに見えた夫婦。親権を争う父と母のどちらに着いていっていいのかわからない少年。心を開かない相談者たちを相手に、彼は真実に辿り着き、手を差し伸べることができるのか――彼らの未来のため、悩み、成長する「カンポちゃん」の物語。

詳細情報

  • 出版社文藝春秋
  • ページ数244
  • 発売日2016年07月29日
  • ISBN-104163904425
  • ISBN-139784163904429
  • 価格1,620円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?