2020年世界はこうなる

2020年世界はこうなる

(みんなの評価)

内容

田原総一朗と長谷川慶太郎による未来予測本

詳細

ジャーナリストの田原総一朗と、国際経済評論家の長谷川慶太郎が、東京オリンピックを迎える2020年の世界情勢を予測する!

中国を中心としたアジア情勢の混沌は一体どうなるか。
「南シナ海」や「東シナ海」の領有権争いや、中国経済の行き詰まり、AIIBの動向、朝鮮半島の38度線は、ベルリンの壁同様の道をたどるのか?
ロシアは、米国はどうなるか。
2020年の世界勢力地図は大きく塗り替わる!

目次

第1章 どうなる日本の安全保障
(1) 安保法案
(2) 北朝鮮
(3) 南シナ海、東シナ海

第2章 朝鮮半島は統一されるか
(1) 北朝鮮の危機
(2) 拉致被害者はどうなる
(3) 南北統一となるか
(4) 韓国経済
(5) 従軍慰安婦問題

第3章 経済破綻を迎えるか中国
(1) 不動産不況、失業者
(2) 在庫の山
(3) シャドーバンキング
(4) 汚職摘発
(5) AIIBの行方
(6) 人民元は国際通貨となり得るのか
(7) 日本への影響
(8) 日本に支援を求めてきたらどうする
(9) 中国は民主国家となるのか?

第4章 米国は世界のリーダーか?
(1) オバマ大統領の功罪
(2) 次期大統領と日本
(3) 経済発展を続けられるのか?

第5章 2020年の世界はこうなる
(1)日本はアジアのリーダーとなるのか?
(2)中国はどうなる
(3)米国は衰退するのか
(4)中国は息を吹き返すのか
(5)ロシアは社会主義を捨てる?
(6)世界のパワーバランスはどうなる?

詳細情報

  • 出版社SBクリエイティブ
  • ページ数224
  • 発売日2015年12月23日
  • ISBN-10479738638X
  • ISBN-139784797386387
  • 価格1,480円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

社会学概論の新刊書籍