ひとりよみ名作 バレエものがたり

ひとりよみ名作 バレエものがたり

(みんなの評価)

内容

一人で読める名作シリーズ

三大バレエ『白鳥のみずうみ』『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』から、謎めいたお話『コッペリア』、コミカルなお話『ドン・キ・ホーテ』、ファンタジックなお話『ラ・シルフィード』、古典バレエの『リーズのけっこん』まで、7つの有名なバレエ作品の物語がつまっています。うっとりするようなバレエの世界へ連れていってくれます。
小さな子どもたちのあこがれのバレエの世界ですが、そのバレエの舞台の物語をわかりやすくまとめてあります。

【編集担当からのおすすめ情報】
オールカラーで挿し絵の入った豪華版です。
「ひとりよみ名作」シリーズは、小さな子どもには、読み聞かせで、小学校に入ったら一人読みできる楽しいシリーズです。

バレエを習っている子どもたちは、バレエの舞台を見に行くことも多いと思いますが、お話を知っていると舞台も一層楽しめます。バレエファンの子どもたちにぜひ読んでいただきたい一冊です。

目次

4
ねむれる森のびじょ
シャルル・ペロー童話集より
初演 ロシア 1890年

16
コッペリア
E.T.A.ホフマン作の2つの物語より
初演 フランス 1870年

32
白鳥のみずうみ
ロシア民話およびドイツ民話より
初演 ロシア 1877年

48
ラ・シルフィード
シャルル・ノディエ作の物語より
初演 フランス1832年

60
ドン・キホーテ
ミゲル・デ・セルヴァンテス作の物語より
初演 ロシア 1869年

72
くるみわり人形
E.T.A.ホフマン作の物語より
初演 ロシア 1892年

84
リーズのけっこん
ピエール=アントワーヌ・ボードワンの絵画より
初演 フランス 1789年

詳細情報

  • 出版社小学館
  • ページ数95
  • 発売日2015年11月12日
  • ISBN-104092906110
  • ISBN-139784092906112
  • 価格1,620円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?