偽りの銃弾 (小学館文庫)

偽りの銃弾 (小学館文庫)

(みんなの評価)

内容

ヒロインの生き様に痺れる傑作スリラー!

殺人事件で夫を失った元特殊部隊パイロットのマヤ。2歳の娘を案じ自宅に設置した隠しカメラに写っていたのは、2週間前に殺されたはずの夫ジョーだった。ジョーの死に潜む謎を追ううちに、マヤは4か月前に惨殺された姉クレアの死、そして17年前のある事件の真相へとたどり着く……。
ハードボイルドなヒロインの生き様、予想を大きく超える予想外の結末。ジュリア・ロバーツが惚れ込み映画化権を獲得した、「マイロン・ボライター」シリーズで人気の著者による最新傑作スリラー!

詳細情報

  • 出版社小学館
  • ページ数592
  • 発売日2018年05月08日
  • ISBN-104094063439
  • ISBN-139784094063431
  • 価格1,004円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?