暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

(みんなの評価)

内容

ニューヨーク、国連本部。イラク攻撃を宣言する米国務長官の背後から、「ゲルニカ」のタペストリーが消えた。MoMAのキュレータ ー八神瑤子はピカソの名画を巡る陰謀に巻き込まれていく。故国スペイン内戦下に創造した衝撃作に、世紀の画家は何を託したか。ピカソの恋人で写真家のドラ・マールが生きた過去と、瑤子が生きる現代との交錯の中で辿り着く一つの真実。怒濤のアートサスペンス!

受賞

第14回本屋大賞(2017年)の本屋大賞(6位)

詳細情報

  • 出版社新潮社
  • ページ数510
  • 発売日2018年06月28日
  • ISBN-104101259623
  • ISBN-139784101259628
  • 価格810円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

原田マハの関連書籍(82)

ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの新刊書籍