マグノリアの夜明け (MIRA文庫)

マグノリアの夜明け (MIRA文庫)

(みんなの評価)

内容

こんな結末を望んでいたわけじゃない――
孤独な男女の、いびつで悲しい恋の寓話。

15歳のときに、淡い想いを抱いていた人に傷つけられて、アナベルは心を閉ざ
した。それ以来、誰にも愛されず、誰も愛せず、たった一人で生きてきた彼女
のもとに、暗い目をした精悍な男性ラッシュが現れる。孤児院で育ち、里親の
家で虐待され、不遇の人生を歩んできたという彼は、自分の素性を知りたくて、
記憶の片隅に残っていたオルゴールを手に訪ねてきたのだ。確かにそのオルゴ
ールは昔、アナベルの屋敷にあったものだ。その意味することを考えもせず、
アナベルは彼に惹かれる。この恋心が大きな悲劇に繋がるとは夢にも思わずに。

詳細情報

  • 出版社ハーパーコリンズ・ジャパン
  • ページ数296
  • 発売日2018年08月10日
  • ISBN-104596917647
  • ISBN-139784596917645
  • 価格810円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?