「データセンス」の磨き方:一瞬で数字を読む力をつける~

「データセンス」の磨き方:一瞬で数字を読む力をつける~

(みんなの評価)

内容

ビジネスシーンや日常の中で目にする「数字の意味」をパッと把握する感覚。本書では、具体的な演習を通してその感覚を磨いていく。

詳細

「1年間の売り上げが10億円の会社のひと月あたりの売り上げはいくらでしょうか」データセンスを身につけると、この質問に1秒で答えられるようになります。実際に計算するには10億を12(ヵ月)で割らなければなりません。これに1秒で答えるには「83」というキー数字を知っておく必要があります。質問の答えは「約8300万円」です。「12で割る」ということは、「0.083をかける」ことと同じなのです。
データセンスとは、ビジネスシーンや日常の中で目にする数字の意味をパッと把握する感覚のことをいいます。本書は具体的な演習も多く、社会人なら誰もが必要としているその感覚を身につけ、磨くことのできる一冊です。

詳細情報

  • 出版社ベレ出版
  • 発売日2018年08月10日
  • ISBN-104860645545
  • ISBN-139784860645540
  • 価格1,620円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

堀口智之の関連書籍(0)