決算書はここだけ読もう〈2019年版〉

決算書はここだけ読もう〈2019年版〉

(みんなの評価)

内容

待望の2019年版刊行! トヨタ、任天堂、フジテレビ等、話題企業の決算書で分析力を身につける。

目次

PART1 なぜ「決算書」はあるのだろう?
PART2 貸借対照表から始めよう
PART3 損益計算書はここがツボ
PART4 キャッシュフロー計算書を読みこなそう
PART5 さあ! 決算書を読んでみよう
PART6 経営分析の基礎を知ろう
PART7 あなたの会社の「収益性」はどうですか?
PART8 「生産性」はこう調べよう
PART9 「安全性」と「資金繰り状態」も決算書でわかる
PART10 成長する会社はこんな会社だ
PART11 「損益分岐点」はここにある
PART12 決算書を読むための心得え

■プラクティス 実在12社の決算書を読もう

 ◎トヨタ
  ――純利益は日本企業として最高額を達成! 心配の種は為替レート・・・?
 ◎パナソニック
  ――自動車関連事業好調で7年ぶりの増収増益
 ◎川崎重工業
  ――ロボット需要高まるも収益構造に不安あり
 ◎花王
  ――紙おむつ販売が絶好調、中国市場が牽引!
 ◎任天堂
  ――「Switch」成功で業績急回復、真価が問われるのは2年目・・・?
 ◎オリエンタルランド
  ――敷地面積拡充で、さらなる来場者を獲得?
 ◎リンガーハット vs. ハイディ日高【外食産業】
  ――ちゃんぽんか? ラーメンか? 麺対決の軍配はどちらに?
 ◎ホンダ技研 vs. 日産自動車【自動車業界】
  ――新技術の開発で開発費は増加中。最終利益、自社初の1兆円越えは・・・?
 ◎フジテレビ vs. 日本テレビ【テレビ業界】
  ――視聴率では惨敗のフジテレビ。活路を見出したのは不動産経営?

付録Ⅰ 決算書─総まとめ
付録Ⅱ 分析の視点
付録Ⅲ 決算書ドリル

詳細情報

  • 出版社弘文堂
  • ページ数196
  • 発売日2018年08月30日
  • ISBN-104335450583
  • ISBN-139784335450587
  • 価格1,026円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?