100年マンション 資産になる住まいの育てかた (日経プレミアシリーズ)

100年マンション 資産になる住まいの育てかた (日経プレミアシリーズ)

(みんなの評価)

内容

資産化するマンションと廃墟化するマンションはここが違う。 不動産業界のご意見番がマンションの近未来図と対処法を教えます。

詳細

○全国に650万戸弱あるマンションのうち、築30年のマンションは約200万戸、2031年には400万戸を超える。住人が年を取って所得が減る一方で、当初予定していた修繕積立金が不足し、管理がおろそかになる。その結果、資産価値が下がり、スラム化が進行する。住民合意のもと、建て替えを計画しようにも、大半のマンションの建て替えは事実上不可能だ。資産としてマンションを買うこと、マンションをずっと所有し続けることは果たして合理的なのか。不安を覚える人は少なくないだろう。

○本書は「マンションの長寿命化の道」を提言、マンション危機の解決法を示す。欧米では100年、200年の物件が普通に取引されており、価格が下がらないどころか上昇するマンションもたくさんある。一方、日本のマンション管理・修繕の事情はお寒い限り。所有者の多数派はマンションの資産価値には関心はあるが、管理組合運営には無関心だ。

○本書では、マンション所有者と購入予定者は、マンションの管理状況のどこを、どのようにチェックすべきか、管理組合にどう関与していくべきか、「マンションという運命共同体」とつきあうための必須教養を伝授する。

詳細情報

  • 出版社日本経済新聞出版社
  • ページ数224
  • 発売日2018年09月11日
  • ISBN-104532263832
  • ISBN-139784532263836
  • 価格918円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

長嶋修の関連書籍(23)