マラカイオスの孤独な花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)

マラカイオスの孤独な花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)

(みんなの評価)

内容

愛する人はみんな去っていく。
だから、もう誰も愛さないと決めたのに……。

マルゴは恋人のギリシア富豪レオに、いきなり求婚された。
一族の大企業を率いる彼は、跡継ぎをもうける決意をしたという。
母親にないがしろにされ、里親を転々として育ったマルゴは、
愛する人にはいずれ見捨てられることを思い知っていた。
だからこそ、自分は誰とも愛に基づく関係は築けないのだと悟り、
やむなく求婚を断ると、レオは最後に体を奪って去っていった。
そのときに彼が見せた瞳の冷たさは、本当の終わりを告げていた。
だが1カ月後、マルゴは体に変調を覚えた。まさか、赤ちゃん……。
予期せぬ事態に、彼女は途方に暮れた。愛を注がれずに育ったからこそ、
子供には両親の愛を与えたい。でも、今さら彼にどう告げたらいいの?

涙なくして読めない物語を紡ぐK・ヒューイットの2部作、〈新妻物語〉第2話をお贈りします。まともに子育てができない母親の出産により、弱冠11歳にして異父妹の面倒を見ていたマルゴ。悲しい過去を背負って生きてきた彼女に、幸せはいつ訪れるのでしょうか?

詳細情報

  • 出版社ハーパーコリンズ・ジャパン
  • ページ数160
  • 発売日2018年09月14日
  • ISBN-104596225311
  • ISBN-139784596225313
  • 価格710円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

ロマンスの新刊書籍