放課後の名探偵 (創元推理文庫)

放課後の名探偵 (創元推理文庫)

(みんなの評価)

内容

姉への依存症を克服した中葉悠介は、名探偵・蜜柑花子と親交を深め刑事になる夢の実現に邁進していた。そんな学校生活の中でもトラブルは潜んでいる――。体育の授業前の更衣室で中葉が落としたある物から、知らぬ間に想定外のトラブルへと繋がっていく「ルサンチマンの行方」。中葉と蜜柑の所属するミステリ研究会会長が思い描く、理想のダイイング・メッセージの定義「オレのダイイング・メッセージ」など、犯人(?)側視点から描いた全四編。蜜柑花子の鋭利な推理と、高校生らしいあわただしくも爽やかな日々を描く、文庫オリジナル。

詳細情報

  • 出版社東京創元社
  • ページ数256
  • 発売日2018年09月20日
  • ISBN-104488465137
  • ISBN-139784488465131
  • 価格734円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの新刊書籍