金融失策 20年の真実

金融失策 20年の真実

(みんなの評価)

内容

日本版ビッグバンから20年、「貯蓄から投資」はなぜ失敗したのか? 官民の失策を解明する、日本経済長期低迷のもう一つの真実。

詳細

日本経済再活性化のためには潤沢な民間資金の活用がもっとも効率的だ! 「貯蓄から投資」はこの20年の日本の経済政策の基本に位置づけられてきました。1800兆円にも及ぶ個人金融資産を、株式などの投資に振り向け、有効活用を図ることが経済発展に資するとされてきたのです。しかし、「貯蓄から投資」を志向した日本版ビッグバンから20年、「貯蓄から投資」を推進するための金融商品取引法が施行されてから10年以上がたちましたが、投資主導で日本経済が生産性を高めたようには見えません。
本書は、日本経済の低迷を、「貯蓄から投資」という政策の失敗という切り口から検証するもう一つの平成金融史です。

詳細情報

  • 出版社日本経済新聞出版社
  • ページ数256
  • 発売日2018年09月20日
  • ISBN-104532357918
  • ISBN-139784532357917
  • 価格1,944円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?