MaaSインパクト クルマ、鉄道・バス、小売りも影響 これが次世代移動サービスの本質だ(仮)

MaaSインパクト クルマ、鉄道・バス、小売りも影響 これが次世代移動サービスの本質だ(仮)

(みんなの評価)

内容

MaaS時代の産業別アクションプラン地方創生の切り札が、この一冊で分かる!

詳細

2030年、世界で100兆円以上に達すると予測される

モビリティサービスの超有望市場「MaaS(Mobility as a Service、マース)」。

自動車メーカーだけではなく、鉄道やバス、タクシーといった公共交通、

シェアリングビジネス、配車サービスをも巻き込む

「『100年に一度』のゲームチェンジ」で生き残る秘策とは---。

交通サービス分野のパラダイムシフトにとどまらず、

MaaSで実現する近未来のまちづくり、エネルギー業界から不動産・住宅、保険、観光、

小売り・コンビニまで、MaaSの「先」にある全産業のビジネス変革を読み解く、

日本で初めての本格的なMaaS解説書!

本書のポイント

●MaaSの「本質」が分かる

●MaaSの「ビジネス・インパクト」が分かる>

●MaaS時代の「アクションプラン」が分かる

●MaaSによる「他産業のビジネスチャンス」が分かる

●MaaS時代の「アクションプラン」が分かる

目次

序章 MaaSは危機か、それとも輝ける未来か

MaaSの「今」が分かる

一章 モビリティ革命「MaaS」の正体

二章 なぜMaaSのコンセプトは生まれたのか

【Interview】 MaaSグローバル Sampo Hietanen(サンポ・ヒータネン)氏

三章 日本におけるMaaSのインパクト

四章 「新モビリティ経済圏」を制すのは誰か?

◆自動車メーカー(ダイムラー、トヨタ自動車、フォルクスワーゲン)

◆鉄道・交通オペレーター(ドイツ鉄道、ケオリス、東日本旅客鉄道、小田急電鉄)

◆配車サービス(Uber、Lyft、滴滴出行)

◆自治体(ロサンゼルス市)

◆通信サービス(ソフトバンク、NTTドコモ)

◆ナビゲーション・地図(Google、SkedGO、HERE、日本のナビゲーション)

【Interview】 東京大学 生産技術研究所 須田義大氏

MaaSの「これから」が分かる

五章 プラットフォーム戦略としてのMaaS

【Interview】MaaSアライアンス Piia Karjalainen(ピア・カルジャライネン)氏

六章 テクノロジー戦略としてのMaaS

七章 MaaSで実現する近未来のスマートシティ

八章 産業別MaaS攻略のアクションプラン

◆自動車業界、公共交通はどう生きるべきか

【自動車メーカー&部品メーカー】【自動車ディーラー】【鉄道】【バス】【タクシー】

◆Beyond MaaS ?モビリティ革命の先にある変化?

【エネルギー】【保険サービス】【金融・FinTech】【不動産】【観光業】【小売り・コンビニ】

【エンタメ】【医療・介護・保育】

終章 「日本版MaaS」に向けて

【巻末収録】 MaaSカオスマップ2019-2020

詳細情報

  • 出版社日経BP社
  • 発売日2018年10月25日
  • ISBN-104296100076
  • ISBN-139784296100071
  • 価格1,944円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

牧村和彦ほかの関連書籍(0)