2019 長谷川慶太郎の大局を読む

2019 長谷川慶太郎の大局を読む

(みんなの評価)

内容

米中の貿易戦争は米中の覇権戦争へと悪化していった。この覇権戦争に米国は短期間に勝利を収め世界経済は大きく飛躍する。

詳細

今アメリカでは市民レベルまで反中国の動きが出てきている。その動きに火をつけたのが習近平の唱えた「中国製造2025」。このスローガンは製造業他全ての分野で中国が世界のトップになるというもの。まして中国はハイテク分野でアメリカの技術を盗み続け先端技術を進歩させてきた。アメリカは今こそ中国を叩き潰さないとトップランナーを脅かされる。貿易戦争から覇権戦争の様相を呈して米中両大国の争いはどうなる?そして日本はどうすればよいか?

詳細情報

  • 出版社徳間書店
  • 発売日2018年10月20日
  • ISBN-104198647097
  • ISBN-139784198647094
  • 価格1,728円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

長谷川慶太郎の関連書籍(148)