管理会計で未来の利益が増大する 実践 原価計算

管理会計で未来の利益が増大する 実践 原価計算

(みんなの評価)

内容

「原価」という切り口から、コストダウン・価格決定など、未来の利益を増大させるための管理会計の実践的活用を述べた実務書です。

詳細

原価計算は多目的であり、求める部門とニーズは実に広くなります。本書は「原価計算と管理会計の実践的な活用」をテーマに、各部門(トップ、経理、技術、製造、生産管理、営業、情報、管理部門)のニーズに応えるよう原価計算の活用に重点におきました。筆者がマネジメント・コンサルタントとして長年追い続けてきた「原価・コスト」というテーマで、コストダウン・価格決定・予算管理など、未来の利益を増大させるための管理会計の実践的活用を述べた実務書です。

目次

第1部 原価のねらいと構成
第1章 原価のしくみと原価計算
─なぜ何種類もの原価があるのか─
第2章 事業・製品別実際原価計算のやり方
─どの事業・製品が儲かっているか─
第3章 部分原価・直接原価計算のやり方
─粗利と限界利益は何が違うか─
第4章 見積・標準原価計算のやり方
─事前に知る原価が圧倒的に大事─
第5章 原価データとシステムのつくり方
─事前原価計算に必要なデータは何か─

第2部 原価情報の活用
第6章 多目的の原価をERPで一元化
─標準原価を目的に合った原価情報に─
第7章 原価計算から原価管理へ
─原価が見えたらどのように使うか─
第8章 2つの原価管理とコストダウン
─原価企画と標準原価管理(原価差異分析)─
第9章 原価・価格見積と採算判断
─原価を使った意思決定と利益管理─

詳細情報

  • 出版社日本能率協会マネジメントセンター
  • ページ数344
  • 発売日2018年10月12日
  • ISBN-104820726838
  • ISBN-139784820726838
  • 価格3,024円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?