追いつめられて (ハーレクイン・セレクト)

追いつめられて (ハーレクイン・セレクト)

(みんなの評価)

内容

幼いころに母が頑固な父を捨てて別の男性とかけ落ちして以来、
ジュリエットは由緒ある館の猟場管理人の父と二人で暮らしていた。
やがてジュリエットは館の一人息子シメオンと恋に落ちた。
二人が抱き合っている姿を目撃した父に猟銃を突きつけられ、
シメオンは突然ジュリエットとの結婚を宣言したのだ。
だが結婚式の夜、ジュリエットは彼の振る舞いに深く傷つき、
“何もかも間違いでした”と書き残して姿を消したのだった。
そのまま母のもとに落ち着き、義父と母の仕事を手伝ってきて8年。
ある夜、母の別荘に独りでいた彼女の前にシメオンが現れ、言い放つ。
「もう逃げられないぞ。今度こそ、ぼくの子供を産んでもらう」

初恋の人シメオンが残した心の傷がようやく癒えかけたころ、彼と驚愕の再会を果たしたジュリエット。でも、シメオンが突然現れた理由を知って茫然とします。なんと彼の亡き父が遺言で、シメオンとジュリエットの子供を館の継承者に指定していたとは!

詳細情報

  • 出版社ハーパーコリンズ・ジャパン
  • ページ数160
  • 発売日2018年10月12日
  • ISBN-104596584257
  • ISBN-139784596584250
  • 価格670円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

ロマンスの新刊書籍