氷の伯爵と花売り娘 (ハーレクイン・ロマンス)

氷の伯爵と花売り娘 (ハーレクイン・ロマンス)

(みんなの評価)

内容

私は信じていいの?
あなたが示す情熱と優しさは本物だと。

花屋で働くイレーナは、隣家の新しい主に思わず目を奪われた。
ニコ・ラドクリフ──ヨーロッパの小国の伯爵だという。
魅力的だけれど、私には雲の上の人だわ。彼女は自身を戒めた。
だが思いがけず、ニコから多額の報酬の仕事が舞いこむ。
「司書の資格を持つきみに、屋敷の古文書の整理を頼みたい」
屋根の修繕も満足にできないほど困窮していたイレーナは
引き受けざるをえず、彼の屋敷に通いつめることに。
数日後の朝、ニコのベッドで目覚めた彼女は青ざめた。
なんてこと! 彼の誘惑に負けて戒めを破ってしまうなんて……。

ハーレクイン黎明期から活躍してきたベテラン作家、ロビン・ドナルドのじつに5年ぶりとなる新作をお届けします。傲慢ながらも魅力的なヒーローの描写はいまも健在。ぜひご注目ください!

詳細情報

  • 出版社ハーパーコリンズ・ジャパン
  • ページ数224
  • 発売日2018年10月12日
  • ISBN-104596133654
  • ISBN-139784596133656
  • 価格710円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?