刀と傘 (明治京洛推理帖) (ミステリ・フロンティア)

刀と傘 (明治京洛推理帖) (ミステリ・フロンティア)

(みんなの評価)

内容

慶応三年、新政府と尊皇攘夷派の対立に揺れる幕末の京都で、若き尾張藩士・鹿野師光は一人の男と邂逅する。姓は江藤、名は新平――後に初代司法卿となり、近代日本の司法制度の礎を築く人物である。二人の前には、時代の転換点がゆえに起きる事件が数々と待ち受ける。維新志士の怪死、密室状況で発見される斬殺体、処刑直前に毒殺された囚人――第十二回ミステリーズ!新人賞受賞作「監獄舎の殺人」を含む、幕末から明治初頭にかけての日本の動乱期を活写した連作時代本格推理、堂々登場。

詳細情報

  • 出版社東京創元社
  • ページ数256
  • 発売日2018年11月30日
  • ISBN-104488020062
  • ISBN-139784488020064
  • 価格1,836円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?