会計社会学

会計社会学

(みんなの評価)

内容

あらゆるものが市場で取引される現代社会では、人々の生活が会計の認識対象として構成されつつある。その会計の意義をどうとらえるか、哲学、社会学、人類学の視点から解明。

詳細情報

  • 出版社中央経済社
  • ページ数264
  • 発売日2018年10月13日
  • ISBN-104502284017
  • ISBN-139784502284014
  • 価格5,832円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?