間違えられた花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)

間違えられた花嫁 (ハーレクイン・イマージュ)

(みんなの評価)

内容

“愛は人を奴隷にするだけだ”
彼の拒絶に、胸が引き裂かれ……。

さる王家で王女たちの家庭教師として働くオリヴィアは、ある晩、
宮殿の窓から侵入してきた黒ずくめの男にさらわれた。
恐怖でめまいに襲われる一方、その侵入者の危険な魅力に胸が高鳴る。
あれよあれよと儀式めいたことをさせられ、甘い言葉で誘われるうち、
まだ恋も知らぬオリヴィアは抗うすべなく身も心もゆだねてしまった。
その後、驚愕の真相が判明する――男の正体は隣国の王子ザイードで、
必要があって結婚を急ぎ、王女と間違ってオリヴィアを連れ去ったのだ。
しかも、先ほどの儀式は、なんと婚礼の儀だったという!
うろたえるオリヴィアに、ザイードは蔑みもあらわに言い放った。
「なぜ早く名乗らなかった? 后になりたくて、僕をはめたのか?」

涙を誘う愛の物語で人気のケイト・ヒューイットの秀作。自分に自信がなく、華やかな人々の陰で自己主張することなく生きてきたオリヴィア。人の役に立ちたいと願う心優しい彼女が、運命の悪戯によって、とんでもない事態に巻き込まれていき……。

詳細情報

  • 出版社ハーパーコリンズ・ジャパン
  • ページ数160
  • 発売日2018年11月24日
  • ISBN-104596225419
  • ISBN-139784596225412
  • 価格710円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?