旅は道連れ、夜は情け (双葉文庫)

旅は道連れ、夜は情け (双葉文庫)

(みんなの評価)

内容

鎌倉で雑貨屋を営む52歳の鶴田倫太郎は、仕入れと称して全国各地を旅している。京都で京友禅の工房に勤める32歳の茜里と知り合い、なりゆきで数年ぶりのセックスにありつく。オジサンゆえにスローセックスだが、体力の不足を、褒め言葉で気分を盛り上げてカバー。そして、小樽では元同僚のムチムチOL、角館では和服の似合うバツイチ美人との出会いが待っていた。

詳細情報

  • 出版社双葉社
  • ページ数288
  • 発売日2019年01月09日
  • ISBN-104575521868
  • ISBN-139784575521863
  • 価格680円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

霧原一輝の関連書籍(54)