予告状ブラック・オア・ホワイト (ご近所専門探偵物語) (創元推理文庫)

予告状ブラック・オア・ホワイト (ご近所専門探偵物語) (創元推理文庫)

(みんなの評価)

内容

真面目さが取り柄の会社員・渡会透子は、ひょんなことから名探偵・九条清春の秘書になる。かつて九条は全国を股にかけ、多くの難事件を解決した素人探偵だったが、今は地元・川崎市内というご近所でのささやかな謎にしか興味を持たない、自称“ご当地探偵”になっていた。そんなモットーを掲げ、女子力は高いくせに普段はぐうたらに過ごす九条の尻を叩きつつ、透子は奇妙な謎と向き合う! ご当地アイドルに届いた予告状、川崎市出身のオリンピック選手の行方不明事件など5編。ものぐさ探偵と生真面目秘書が依頼人の悩みを晴らす、連作ミステリ。

詳細情報

  • 出版社東京創元社
  • ページ数320
  • 発売日2019年02月20日
  • ISBN-104488441130
  • ISBN-139784488441135
  • 価格886円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの新刊書籍