リーマン・ショック10年目の衝撃

リーマン・ショック10年目の衝撃

(みんなの評価)

内容

リーマン・ショックを卒業できたか?世界の経済構造、政府と中央銀行の役割を徹底分析しアベノミクスの大規模金融緩和の問題点を指摘

詳細

「リーマン・ショック」を、世界は「卒業」できているのか? 
個々の金融機関の危機が連鎖的に他の金融機関を巻き込み、最終的には金融システムがシステミック・リスクにさらされ、国家にまで危機が及ぶ世界規模の経済構造を深堀。この危機に対応した政府と中央銀行の役割を徹底分析。危機の後遺症ともいうべき、アベノミクスの金融政策でもある大規模金融緩和の問題点を指摘する。

目次

1◆2007年8月のBNPパリバ・ショックはなぜ?
2◆パリバ事件の底層に沈殿していた米国サブプライム問題
3◆ベアー・スターンズ―「大きすぎてつぶせない」から「つながりすぎてつぶせない」にシフト
4◆米国住宅公社に巨額の公的資金を投入したわけ
5◆公的資金が投入されず破綻に追いやられたリーマン
6◆AIGの取り付けの特異性
7◆史上空前の世界金融恐慌
8◆公的資金をけちって大惨事になったリーマン破綻処理
9◆金融危機で肥大化した政府・中央銀行
10◆先進国、新興国いずれにも金融危機の要素が充満
11◆民間から官に転移した金融錬金術のあだ花―アベノミクスの金融緩和の行方

詳細情報

  • 出版社言視舎
  • 発売日2019年02月28日
  • ISBN-104865651403
  • ISBN-139784865651409
  • 価格2,160円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

米倉 茂の関連書籍(0)