IFRS国際会計の実務 International GAAP2019 上巻

IFRS国際会計の実務 International GAAP2019 上巻

(みんなの評価)

内容

IFRSの各基準に詳細な解説を付し、豊富な設例を掲載し、会計実務の具体例を示している実践的な解説書。

詳細

本書は、IFRSの各基準に詳細な解説を付し、また、豊富な設例を掲載し、会計実務の具体例を示しているため、IFRS基準で実務を行う企業の経理担当者等にとって有用で実践的な解説書となる。

・世界4大監査法人の1つであるErnst&Youngの解釈に基づいたIFRS基準の詳細な解説書。

・IFRSの解説に留まらず、国際会計基準審議会(IASB)における最新の審議状況、我が国におけるIFRS適用企業が実務で遭遇する論点までも詳細に解説。

目次

第1章 国際会計基準の設定とグローバル化の進展
第2章 IASBの概念フレームワーク
第3章財務諸表の開示及び会計方針
第4章 売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業
第5章 連結財務諸表
第6章 連結手続及び非支配持分
第7章 個別及び単体財務諸表
第8章 企業結合
第9章 共通支配下の企業結合
第10章 関連会社及びジョイント・ベンチャーに対する投資
第11章 共同契約(ジョイント・アレンジメント )
第12章 他の事業体ヘの関与の開示
第13章 事業セグメント
第14章 1株当たり利益
第15章 関連当事者についての開示
第16章 キャッシュ・フロー計算書
第17章 期中財務報告
第18章 後発事象

詳細情報

  • 出版社第一法規
  • ページ数1288
  • 発売日2019年03月01日
  • ISBN-104474065247
  • ISBN-139784474065246
  • 価格23,760円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?