経営戦略としての異文化適応力 ホフステード6次元モデルの実践的活用法

経営戦略としての異文化適応力 ホフステード6次元モデルの実践的活用法

(みんなの評価)

内容

「文化と経営の父」ヘールト・ホフステード博士が考案した「6次元モデル」を用い、異文化コミュニケーション問題の対応策を紹介。

詳細

■国民文化・組織文化研究の世界的権威が生み出したフレームワークによる多様性マネジメントの実践書
組織心理学・人類学の教授で、「文化と経営の父」と呼ばれるヘールト・ホフステード博士が考案した「6次元モデル」は異文化間だけでなく、多様な国籍や性格の人材間コミュニケーションの問題を解決するフレームワークです。本書では、職場でコミュニケーション問題を抱えている経営者・管理職の方を対象に、「ホフステードの6次元モデル」を用いながら、その対応策を紹介します。

目次

第1章 CQ(文化の知能指数)とは
「強さ」を求めて「強み」を失う
文化を数値化した学者 ヘールト・ホフステード氏
文化が経営に与える影響
文化とは何か
文化の構造(玉ねぎ型モデル)
カルチャーショックと異文化対応カーブ
変革が難しい国民文化、変革可能な組織文化
CQ:多様性のなかを生きるために必要な能力
語学力と経験だけで異文化理解を語ることの危険性
他人のメガネをかけて物を見ることの重要性
コラム1  マグリブの商人とジェノバの商人

第2章 多様な文化を理解するフレームワーク「ホフステードの6次元モデル」
英米とイタリアにおける掃除へのこだわりの違い
ホフステードの国民文化の6次元モデル
第1の次元 権力格差(PDI:Power Distance)
影響力の使い方 日本のミドル・パワーをどう活かすか
第2の次元 集団主義/個人主義(IDV:individualism)
日本人は集団主義なのか?
第3の次元 女性性/男性性(MAS:Masculimity)
日本人は「極める」 目的は達成すべきものか、それとも?
第4の次元 不確実性の回避(UAI:Uncertainty Avoidance)
日本人は「枠組み」が好き? 未知の出来事への対処法
第5の次元 短期志向/長期志向(LTO:Short vs Long term Orientation)
木を見ず、森を見る日本人
第6の次元 人生の楽しみ方(IVR:ndulgence vs Restraint)
幸福感が決める社会のあり方 幸福感が日本の少子化を止めるか
コラム2 中国におけるビジネス成功のカギ「グワンシ(関係)」
〜権力格差大/集団主義の社会的ネットワーク〜

第3章 事例で見る6次元モデルの分析
ホフステード6次元モデルで読み解くビジネスにおけるチャレンジ
事例1 日米M&Aプロジェクト(アメリカ)
事例2 ある駐在員の憂鬱(オーストラリア)
事例3 大学留学先でのチーム・プロジェクト(ドイツ・中国)
事例4 マレーシア人 シャリファの葛藤(マレーシア)
コラム3 サッカーにみる文明の衝突

第4章 6つのメンタルイメージとマインドセット
国によって異なる暗黙の組織モデルと調整機能
6つのメンタルイメージ(文化圏)
文化圏別リーダーの課題
6つのメンタルイメージの「型」を知る
メンタルイメージ① コンテスト
メンタルイメージ② ネットワーク
メンタルイメージ③ 油の効いた機械
メンタルイメージ④ 人間のピラミッド
メンタルイメージ⑤ 太陽系
メンタルイメージ⑥ 家族
日本:7つめのメンタルイメージ
コラム4 イノベーションが起きない組織の仕組み

第5章 CQを高めるための実践法
CQを高めるステップ
ミニケース 海外アサインメントを得たい村中さん
ミニケース 外資から日本企業に転職した井上さん
CQの高い組織多様性を包括する「組織」:ベルギー・メヘレン市の取り組み
コラム5 映画で学ぶ異文化理解

特別インタビュー ホフステード博士との対談
国民文化の研究の始まり
IBMを離れ、国民文化の研究に集中
文化の視点でみる「言語の壁」とは
ビジネスの世界は過度に米国の影響を受けている
日本人の異文化対応力を上げるために
付録世界101ヵ国別「6次元の価値観スコア

詳細情報

  • 出版社日本能率協会マネジメントセンター
  • ページ数320
  • 発売日2019年03月31日
  • ISBN-104820726986
  • ISBN-139784820726982
  • 価格1,944円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?