花嫁は愛されぬ宿命を嘆く (ハーレクイン・ロマンス)

花嫁は愛されぬ宿命を嘆く (ハーレクイン・ロマンス)

(みんなの評価)

内容

彼と身も心も愛し合えたら……。
でもそれは、けっしてかなわぬ夢。

同性愛者だという夫の衝撃の告白。リリーは愛されなかった
不幸な結婚生活に終止符を打ち、イタリアへ移り住んだ。
花咲き香る美しい家で、大好きな絵を描く静かな日々はしかし、
突如迫られた立ち退きを拒んだため乱されることに。
説得に現れた家主のバスティアン――ハンサムな黒髪の大富豪の
魔力に、リリーはたちまち心奪われてしまったのだ。
一度でいい、女として認められたい。切なる願いに身を焦がし、
愚かにも身を捧げた。やがて妊娠を知った彼に
義務感からプロポーズされ、傷つくことになるとも知らず。

夫と妻としてベッドは共にしても、そこに愛はない。魅惑の大富豪に持ちかけられた冷たい取り引きに苦悩するヒロイン。二度までも愛のない結婚生活に身を投じるのは屈辱的でしたが、生まれてくる子供のため、孤独に耐えると決めて……。

詳細情報

  • 出版社ハーパーコリンズ・ジャパン
  • ページ数224
  • 発売日2019年03月08日
  • ISBN-104596133999
  • ISBN-139784596133991
  • 価格710円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

ロマンスの新刊書籍