ゴーストライター (創元推理文庫)

ゴーストライター (創元推理文庫)

(みんなの評価)

内容

客席最前列の男が、暗闇のなかで喉を掻ききられて死んでいた。男は上演中の芝居のもと脚本家だった。駆けつけたマロリーとライカーは捜査を開始する。だが、劇場の関係者は、俳優から劇場の“使い走り”に至るまで全員が変人ぞろい。おまけに、ゴーストライターなる人物が、日々勝手に脚本を書き換えているという。ゴーストライターの目的は? 殺人事件との関わりは? 氷の天使マロリーが、舞台の深い闇に切り込む。好評シリーズ。

詳細情報

  • 出版社東京創元社
  • ページ数576
  • 発売日2019年03月11日
  • ISBN-104488195199
  • ISBN-139784488195199
  • 価格1,598円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?