中世世界の創作事典

中世世界の創作事典

(みんなの評価)

内容

中世ヨーロッパの本当がよくわかる。最近ゲームやライトノベルで創作の対象に人気の中世舞台の創作に役立つ本。

詳細

中世ヨーロッパはおもしろい!
ドラマや物語の創作の視点で中世世界を眺めてみよう。

・もし、十字軍遠征が完全勝利し、ローマ帝国が現在も続いて
 ヨーロッパが1つにまとまった大帝国になっていたら?
・もし、大帝国ペルシアを破ったアレクサンドロス大王が熱病に倒れず
 快進撃を続け、インドや東アジアまで統一していたら?
・もし、大航海時代の熱狂のはてに、本当に黄金の国を発見したら?

歴史の教科書では絶対にやらない。創作という想像の翼を広げることで、
その時代の人々の物語を感じとる。そして新しい発見がある。

--
 中世ヨーロッパ。ほとんどの人が聞いたことはあるはずだ。アニメや漫画などのエンターテインメント作品のモチーフやベースになる世界観として触れたことのある人はもっと多いだろう。
 さらには、中世ヨーロッパ的要素……騎士や王、王子に姫、石造りの城に鬱蒼とした森……といった断片的イメージだけなら、知らない人の方が少ないはずである。
 日本人は中世ヨーロッパのことに詳しいと言ってしまっていいものであろうか? これはちょっと無理がありそうだ。騎士だ王だというのはあくまで断片的イメージに過ぎず、これで中世ヨーロッパのことを語るのは、「ゲイシャ」「フジヤマ」「ハラキリ」で日本を語るようなものだ……

目次

はじめに

サンプル
サンプル1 〈七人の選帝侯〉地域
サンプル2 〈三すくみ〉地域
サンプル3 新大陸と旧大陸
*コラム「古代国家と中世国家の違い①」

1章 国家と集団
偉大なるローマ
中世ヨーロッパ概史
様々な国家・王家
様々な組織・集団
ヨーロッパの「外」
国家の統治形態と呼び方について
*コラム 「古代国家と中世国家の違い②」

2章 制度
王制と王族
騎士制度について
貴族について
戦争について
*コラム 「中世国家の地域による差」

3章 生活
都市について
農 村
放浪する人々
産業とその担い手たち
学問と実践
暮らしにまつわる様々のこと
*コラム 「英雄幻想:ナポレオン」

4章 事件
キリスト教の布教と十字軍
外敵の侵入
ルネサンス
大航海時代
異端審問と魔女狩り
*コラム 「マリー・アントワネットという幻」

5章 人物
支配者たち
市井の人々
学者・文化人

おわりに
参考文献一覧

詳細情報

  • 出版社秀和システム
  • 発売日2019年02月20日
  • ISBN-104798055948
  • ISBN-139784798055947
  • 価格1,944円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?

SF・ホラー・ファンタジーの新刊書籍