経済学なんて教科書だけでわかるか! ボケ! ! …でも本当は知りたいかも。

経済学なんて教科書だけでわかるか! ボケ! ! …でも本当は知りたいかも。

(みんなの評価)

目次

まえがき
01 序章
02 経済人と効用の最大化と機会費用について
03 限界効用と限界効用逓減の法則について
04 お金について
05 物価の決まり方
06 独占と資本主義と社会主義
07 社会主義経済の運営結果
08 銀行の役割 信用創造
09 日銀について
10 株と社債について
11 投資の勧め
12 景気とGDP
13 GDPの裏側
14 インフレーションとは
15 ハイパーインフレ
16 デフレと財政赤字
17 財政赤字解消の手段は?
18 金融緩和
19 財政出動
20 現実の景気対策は成功したのか?
21 景気対策の障害とは?
22 価格の相対性
23 お金とモラルの関係
24 損失回避性と保有効果
25 消費と節約
あとがき

詳細情報

  • 出版社ダイヤモンド社
  • ページ数272
  • 発売日2019年02月28日
  • ISBN-104478106533
  • ISBN-139784478106532
  • 価格1,620円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?