葵の月 (角川文庫)

葵の月 (角川文庫)

(みんなの評価)

内容

月は、幾つもの顔を持ち、 人々の運命を照らし出す。

詳細

徳川家治の継嗣である家基が、鷹狩の後、突如体調を崩して亡くなった。暗殺が囁かれるなか、側近の書院番が失踪した。その許嫁、そして剣友だった男は、それぞれの思惑を秘め、書院番を探しはじめる──。

詳細情報

  • 出版社KADOKAWA
  • ページ数368
  • 発売日2019年03月23日
  • ISBN-104041077826
  • ISBN-139784041077825
  • 価格778円(税込)

レビューはまだ投稿されていません。

この本を読んだことがある方は、最初の投稿をしてみませんか?